高等学校衛生看護科

高等学校衛生看護科
看護師になる最短コースが中学卒業後、「高等学校衛生看護科」へ進学することです。


高等学校衛生看護科へ入学し卒業すれば准看護師都道府県知事試験の受験資格が得られ、合格後、専攻科へ進み、2年間学び、卒業すれば「看護師国家試験」の受験資格が得られます。


 高等学校衛生看護科の特徴



高等学校衛生看護科は5年一貫教育となっており、以下の流れで看護師へなることとなります。


中学卒業

高等学校衛生看護科(高校3年+専攻科2年の5年一貫教育)

高校で3年間学び卒業

准看護師都道府県知事試験(合格)

准看護師

専攻科で2年学び卒業

看護師国家試験(合格)

看護師


上記のようになります。


このコースを選択すると、


最短で看護師になれる


高校卒業後、准看護師試験に合格すれば准看護師としてすぐに働ける


というメリットがありますが、


×途中の進路変更が難しい


×最短で看護師になれるが忙しい


などのデメリットも考えられるため、このコースを選択する人は減少しています。


また准看護師制度廃止の動きもありますので、近い将来、このコースの選択肢はなくなるかもしれませんね。


 看護師国家試験の受験資格が得られる学校



看護専門学校

看護短大(短期大学)

看護系大学(4年制)

中卒者が看護師を目指す場合

准看護師養成所(准看護師学校)



スポンサードリンク