准看護師養成所(准看護師学校)

准看護師養成所(准看護師学校)
准看護師から看護師を目指す方が選択するコースが「准看護師養成所(准看護師学校)」へ進むことです。


「准看護師養成所(2年過程)」へ進み、卒業すれば「准看護師都道府県知事試験」の受験資格が得られ、合格後、看護師学校養成所(進学コース2年課程)に入学し、卒業すれば「看護師国家試験」の受験資格が得られます。


 准看護師養成所(准看護師学校)の特徴



准看護師養成所(准看護師学校)へ進んだ場合、以下の流れで看護師になることとなります。


中学卒業(高校卒業)

准看護師学校卒業(2年間)

准看護師都道府県知事試験(合格)

准看護師

3年以上の実務経験(高卒者は実務経験不要)

看護師学校養成所卒業(進学コース2年課程)

看護師国家試験(合格)

看護師


上記のような流れで看護師を目指すこととなりますが、准看護師養成所は、入学の条件として病院勤務を義務づけているところが多いので、働きながら学校に通わなければならない場合が多く、このコースを選択するととても大変です。


また「准看護師制度廃止」の動きも出てきていますので、今後このコースがなくなる可能性も否定できません。


10年以上実務経験のある准看護師の場合、看護師学校養成所(通信制2年課程)へ進むことで看護師国家試験の受験資格が得られます。



スポンサードリンク