認定看護師

認定看護師
認定看護師とは、必要な教育課程を修了し、特定の看護分野において、熟練した看護知識と技術を用い看護ケアを実践できる看護師として日本看護協会から認定を受けた者のことで、独自の知識と技術を用いて患者とその家族のケア、看護職員や他職種への指導、相談などの役割が期待されています。


 認定看護師の役割



:特定の看護分野において、個人・家族または集団に対して、熟練した看護技術を用いて水準の高い看護を実践する(実践)。


:特定の看護分野において、看護実践を通して他の看護職者に対し指導を行う(指導)。


:特定の看護分野において、看護職者に対しコンサルテーションを行う(相談)。


 日本看護協会の認定



認定看護師になるには日本看護協会の認定を受けなければならず、認定を受けるためには(認定申請するには)以下の条件が必要とされています。


「保健師・助産師・看護師」いずれかの免許を有し、保健師、助産師、看護師の資格取得後、実務経験が通算5年以上あり、そのうち通算3年以上は認定看護分野の経験を有すること。


日本看護協会が認定した認定看護師教育課程、または認定看護師の教育に適切であると認められた教育機関の、6ヶ月以上、615時間以上(教育機関によって異なる)の認定看護師教育課程を修了していること(外国において同等と認められる教育を修了していること)。


 筆記試験と認定看護師認定審査



認定看護師教育課程を受講し、修了すると筆記試験と「認定看護師認定審査」受けることができ、これらは毎年1回、日本看護協会が実施し、試験、審査に合格し、登録申請し、認定看護師として認定されれば認定証等が交付されます。


また「認定証の有効期間は交付日から5年」となっており、更新を義務付けることで認定看護師の質が維持されているのです。


 認定看護師の医療分野



2017年(平成29年)現在、認定看護師の医療分野は「21分野」が特定されています。


・救急看護
・皮膚・排泄ケア
・集中ケア
・緩和ケア
・がん化学療法看護
・がん性疼痛看護
・訪問看護
・感染管理
・糖尿病看護
・不妊症看護
・新生児集中ケア
・透析看護
・手術看護
・乳がん看護
・摂食・嚥下障害看護
・小児救急看護
・認知症看護
・脳卒中リハビリテーション看護
・がん放射線療法看護
・慢性呼吸器疾患看護
・慢性心不全看護



スポンサードリンク