男性看護師

男性看護師
旧「保健婦助産婦看護婦法」では、女性は「看護婦」、男性は「看護士」と呼ばれていましたが、「男女雇用機会均等法」が施行されたのを契機に、2001年「保健師助産師看護師法」として改正され、2002年3月から女性、男性関係なく「看護師」と呼称が統一されました。


ですので現在では、「教育カリキュラム」も男女同じで、看護師国家資格取得後、病院等の勤務先でも女性看護師、男性看護師に関係なく仕事内容は同じで、男性看護師でも活躍できる環境が整っています。


 男性看護師の割合



男性看護師の数は年々増加し、その割合も益々高くなることが予想されていますが、まだまだ世間では、看護師といえば「女性」をイメージする方が多いようです。では男性看護師の割合はどれほどなのでしょうか?


近年、男性看護師は確実に増加傾向にあり、需要も高まっていますが、看護師全体から見ればまだその割合は少なく、厚生労働省の発表によれば、2014年(平成26年)現在の就業看護師の割合は以下の通りです。


就業看護師の人数と割合
/ 人数 女性(%) 男性(%)
看護師 1,086,779人 1,012,811人
(約93.2%)
73,968人
(約6.8%)
准看護師 340,153人 317,276人
(約93.3%)
22,877人
(約6.7%)
看護師+准看護師 1,426,932人 1,330,087人
(約93,2%)
96,845人
(約6.8%)


上記の通り男性看護師の割合はまだまだ少ないですね。この割合がもっと高くなれば、看護師といえば女性をイメージする方も少なくなるかもしれません。



スポンサードリンク