看護師の給料

看護師の給料
看護師を目指す方の多くが気になるのが、「看護師の給料」のことです。


もちろん、看護師の給料といっても、看護師の就業先は色々ありますので一概には言えませんが、一般的に初任給は同年代のサラリーマン(OL)よりも良い場合が多いようです。


しかし入院施設のある病院に就業する看護師は夜勤などもあり、毎週土日に休めるわけではありませんので、勤務形態、仕事内容などを考えれば、それほど給料が良いともいえず、「現在看護師として働いている方の過半数が給料に対して満足していない」というアンケート結果も出ているようです。


また初任給は確かに同年代のサラリーマン(OL)よりも良いのですが、看護師長などに昇格しなければ、給料の昇給は他の職種と比べて決して良いとは言えないので、それらも考慮すれば給料が他の職種よりも優れているとはいえないかもしれませんね。


 看護師の給料(初任給)



看護師の給料は、「就業先・勤務形態」などによって異なりますが、初任給の平均は、


約25万円前後(税込)


となっており、近年では民間の病院よりも国立(公立)病院のほうが給料がよく、福利厚生などの待遇面でも優れていることが多いようです。


また看護大学卒と短大専門学校卒では、同じ正看護師であっても基本給に差がでる事が多いです(大学病院や総合病院など大きい病院ほどその傾向にあり、看護大学卒の看護師のほうが約1~3万程基本給が高い)。


 看護師の夜勤手当



看護師の給料に大きく影響するのが「夜勤勤務」です。


夜勤手当の平均は、


・準夜勤手当(3交代制)・・・「平均4,100円

・深夜勤手当(3交代制)・・・「平均5,100円

・夜勤手当(2交代制)・・・「平均11,00円

・当直手当(非管理職)・・・「平均8,600円


となっていますが、決して十分な金額とは言えないのではないでしょうか?



スポンサードリンク