看護師と共に働く専門スタッフ


看護師の主な就業先である病院では、看護師、医師だけでなく、さまざまな専門スタッフと連携を取りながら活動していきます。


そこでここでは、看護師と共に働く専門スタッフを紹介しています。


 臨床検査技師

臨床検査技師

臨床検査技師は、病院、診療所などの医療機関において医師又は歯科医師の指示の下、各種検査を行う厚生労働大臣の免許を受けている国家資格者のことで、以下のような検査を行っています。


微生物学的検査・・・「細胞やウイルスなどについて調べる」


血清学的検査・・・「免疫状態を調べたり、輸血の検査を行う」


血液学的検査・・・「血液細胞の数や形態を見る」


病理学的検査・・・「様々な器官の異常や癌細胞を見つける」


寄生虫学的検査・・・「尿、胃液、髄液などの成分を調べ、寄生虫を見つける」


生化学的検査・・・「血液の分析」


厚生労働省令で定める生理学的検査



具体的には、「心電図・呼吸機能・脳波・心音図・超音波・血圧・MRI・血液・尿・糞便」などの検査を行っています。


 理学療法士

理学療法士

理学療法士(PT)とは、医師の指示の下に病気やケガによって身体に障害をかかえた方々に対して、「起き上がり・ 立ち上がり・歩行・筋力回復」などの基本的な運動機能の回復をはかる手助け(リハビリ)をする、厚生労働大臣の免許を受けている国家資格者のことです。


理学療法士は、病気や怪我によって日常生活に支障をきたす方はもちろん、高齢者やスポーツ選手に対して、「運動療法・物理療法・日常生活活動訓練」などを行い、回復の手助けを行っています。


 作業療法士

作業療法士

作業療法士(OT)とは、医師の指示の下に心身に障害がある方「発達障害者・身体障害者・精神障害者・高齢者」に対して、「手芸・工作・園芸」などの作業を通じて、社会生活に適応できる能力、応用的動作能力の回復を図る訓練を行う、厚生労働大臣の免許を受けている国家資格者のことです。


作業療法士は病院だけではなく、「リハビリテーションセンター・療護施設」などでも必要とされている人材で、今後、益々活躍の場が増えると予想されています。


 薬剤師

薬剤師

薬剤師とは、医師の処方せんに基づいて調剤したり、医薬品の供給、管理、情報提供(薬、副作用についての説明など)を行う、厚生労働大臣の免許を受けている国家資格者のことです。


薬剤師は病院や薬局はもちろん、必要な場合は在宅患者の家庭を訪問し、服薬指導、薬剤管理指導を行います。


 栄養士

栄養士

栄養士とは、病院、保健所、学校、社員食堂などで「食・栄養」に関する専門的知識をもとに献立を作成したり、栄養指導などを行い、人々の健康増進、病気予防、肥満予防などを行う都道府県知事の免許を受けている者のことで、栄養士として経験を積み、管理栄養士国家試験に合格すれば、厚生労働大臣から免許を受け国家資格者となれます。


また栄養士(管理栄養士)は病院、学校だけでなく、最近では「老人ホームなどの福祉施設・フィットネスクラブ・食品メーカー・自衛隊・スポーツ選手の栄養管理」など、活躍する分野は幅広くなっています。


 ケースワーカー

ケースワーカー

ケースワーカーとは、「生活困難者・高齢者・心身障害者」などの生活上の相談「治療・医療費・保険・退院後の生活についてなど」を受け、援助してくれる、福祉事務所で働く者のことで、ケースワーカーになるには「社会福祉主事」という資格が必要で、社会福祉事務所で働くには地方公務員として採用されなければなりません。


またケースワーカーは病院や福祉事務所だけでなく、「児童相談所・老人福祉施設・養護施設」など、幅広い分野で必要とされており、今後益々需要が増えると予想されています。


 看護助手

看護助手

看護助手(看護補助者・ナースエイド)とは、「医療・介護・助産・歯科」の専門家、及びこれに類する専門家の職務を補助する目的で簡単な作業に従事する保健医療従事者のことで、特に資格が規定されるわけではありません。


具体的には、「病室の清掃、整理・食事補助・入浴介助・医療機器の手入れ・その他雑用」などが、看護助手の主な仕事内容となり、基本的には簡単な仕事が中心ですが、看護助手がいなければ分からないことも多く、病院内でもとても貴重な人材となっています。


 言語聴覚士

言語聴覚士

言語聴覚士(ST)とは、「ことば・聞こえ」など、コミュニケーションに障害(言語聴覚障害者)のある方、またはその周囲の方々に対して、機能回復、機能維持のための訓練、指導、検査などを行う厚生労働大臣の免許を受けている国家資格者のことです。


言語聴覚士は、「病院・リハビリテーションセンター・保健所・福祉施設」などで必要とされている人材で、近年、言語、聴覚に障害を持つ人が増加していることから、今後も高度な専門知識を持った言語聴覚士の必要性は高まっていくとみられています。


 診療放射線技師

診療放射線技師

診療放射線技師とは、通称「レントゲン技師・X線技師」などと呼ばれ、医師の指示の下、最先端の科学技術を駆使し、エックス線やCTスキャナーなどの特殊技術を使って診療や治療をサポートする者のことで、厚生労働大臣の免許を受けている国家資格者です。


診療放射線技師は、「X線撮影・CTスキャン・超音波検査・MRI・放射性同位元素(RI)検査・放射線治療・眼底検査」などが主な仕事内容で、「病院・診療所・医学研究所・原子力発電所」など、活躍の分野も幅広くなっています。



スポンサードリンク