助産師

助産師
助産師とは、厚生労働大臣の免許を受けて、助産または妊婦・じょく婦、もしくは新生児の保健指導をなす事を業とする女子のことで、「看護大学・助産師養成校」において所定の教育を受けた後、国家試験に合格した国家資格者のことです。


 助産師になるには?



助産師になるには「助産師国家試験」に合格しなければならないのですが、助産師国家試験は誰でも受験できるわけではなく、「看護師国家試験に合格した者(受験資格)」のうち、以下の条件を満たさなければ受験できません。


■助産師国家試験の受験資格


:文部科学大臣の指定した学校において、6ヶ月以上助産に関する学科を修めた者。


:厚生労働大臣の指定した助産師養成所を卒業した者。


:外国の助産師学校を卒業した者、または外国において助産師免許を取得した者で、厚生労働大臣がまたはと同等以上の知識・技能を有すると認めた者。


具体的に、「文部科学大臣の指定した学校」、「厚生労働大臣の指定した助産師養成所」とは以下の学校で、これらの学校に入学し、卒業すれば助産師国家試験の受験資格が得られるのです。


看護系大学(助産師になるための学科を専攻していた場合)

看護師と助産師の統合カリキュラム校(3年)

短期大学の専攻科(1年)

専門学校などの助産師養成課程や養成学校(1年)


看護系大学、統合カリキュラム校で看護師と助産師学科を専攻していた場合は、卒業と同時に看護師と助産師の受験資格が得られます。


 助産師国家試験の日程



助産師国家試験は毎年1回、2月下旬に行われ、3月下旬に合格発表が行われます。


ちなみに2017年(平成29年)の助産師国家試験は以下の通りです。


2017年(平成29年)の助産師国家試験概要
申込期間 平成28年11月18日(金曜日)
~12月9日(金曜日)
試験日 平成29年2月16日(木曜日)
合格発表 平成29年3月27日(月曜日)


 助産師国家試験の試験地



助産師国家試験は全国各地で行われるわけではなく主要都市で行われます。ちなみに2017年(平成29年)の助産師国家試験の試験地は、


・北海道
・青森県
・宮城県
・東京都
・愛知県
・石川県
・大阪府
・広島県
・香川県
・福岡県
・沖縄県


となっていますが、試験地は毎年同じとは限りませんので、事前に確認しておきましょう。


 助産師国家試験の仕事内容



助産師は、「正常分娩の助産・出産の介助・妊婦診断・妊婦、新生児のケア・保健指導・各種相談」などが主な仕事内容となり、具体的には以下のような仕事を行っています。




・正常分娩の助産
・保健指導(性教育・思春期相談・月経に関する相談・不妊相談・育児相談・更年期相談など)
・妊娠診断
・妊婦への保健指導
・ハイリスク妊婦のスクリ-ニング
・分娩開始の診断、分娩経過の管理、分娩介助
・産褥経過、新生児期の管理
・乳幼児の健康診査
・母親、父親への援助
・家庭訪問


 助産師の職場



助産師国家試験に合格し、免許を受ければ以下の場所で働くことができます。


・病院(産科病棟)
・産婦人科の診療所
・保健所
・家庭
・各市町村の母子保健センター


また、助産師は医療法で開業権が認められていますので、助産院を開業し、分娩介助することも可能となっています。



スポンサードリンク