ケアマネージャー(介護支援専門員)

ケアマネジャー(介護支援専門員)
ケアマネジャー(介護支援専門員)とは、「要介護者・要支援者などの介護保険利用者」の心身状態の状況、環境に応じて適切な保健医療サービス、福祉サービス(在宅、施設でのサービス)が効果的に利用できるように調整する、2000年(平成12年)4月施行の「介護保険法」で定められた公的資格者のことです(国家資格ではありません)。


ケアマネージャー(介護支援専門員)試験は1998年(平成10年)より始まっています。


 ケアマネジャー(介護支援専門員)になるには?



ケアマネージャー(介護支援専門員)になるには、「介護支援専門員実務研修受講試験」に合格しなければならないのですが、介護支援専門員実務研修受講試験は誰でも受験できるわけではなく、以下の受験資格を満たしていなければなりません。


■介護支援専門員実務研修受講試験の受験資格


・指定の資格保有者で実務経験5年以上(かつ900日以上従事)。


この場合の「資格」とは、以下の有資格者のことです。


・医師
・歯科医師
・歯科衛生士
・薬剤師
・社会福祉士
・介護福祉士
・理学療法士
・作業療法士
・看護師(准看護師)
・保健師
・助産師
・栄養士(管理栄養士)
・視能訓練士
・義肢装具士
・言語聴覚士
・あん摩マッサージ指圧師
・はり師
・きゅう師
・柔道整復師
・精神保健福祉士


上記の有資格者でない場合でも、「相談援助業務に従事する者で社会福祉主事任用資格、訪問介護員養成研修2級課程に相当する研修を修了した者」、または「所定の福祉施設での介護等に従事した期間が10年以上」あれば受験資格が得られます。


また試験合格後は、「実務研修」を受けることによって厚生労働大臣から免許を受けることができ、5年毎に所定の研修を受けることで登録を更新する事が可能です。


 ケアマネジャー(介護支援専門員)の試験日程



介護支援専門員実務研修受講試験は毎年1回、10月下旬に行われ、11月下旬に合格発表が行われます。


ちなみに合格率は以下の通りとなっていますが、近年の合格率は第1回に比べかなり低くなっていますね。


ケアマネージャー試験合格率
受験者数 合格者数 合格率
第1回 1998年 207,080 91,269 44.1%
第2回 1999年 166,117 68,090 41.2%
第3回 2000年 128,153 43,854 34.2%
第4回 2001年 92,735 32,560 35.1%
第5回 2002年 96,207 29,508 30.7%
第6回 2003年 112,961 34,634 30.7%
第7回 2004年 124,791 37,781 30.3%
第8回 2005年 136,030 34,813 25.6%
第9回 2006年 138,262 28,391 20.5%
第10回 2007年 139,006 31,758 22.8%
第11回 2008年 133,072 28,992 21.8%
第12回 2009年 140,277 33,119 23.6%
第13回 2010年 139,959 28,703 20.5%
第14回 2011年 145,529 22,332 15.3%
第15回 2012年 146,586 27,905 19.0%
第16回 2013年 144,397 22,322 15.5%
第17回 2014年 174,728 33,539 19.2%
第18回 2015年 134,539 20,924 15.6%
第19回 2016年 124,585 16,280 13.1%
第20回 2017年 ?%


 ケアマネジャー(介護支援専門員)国家試験の試験地



介護支援専門員実務研修受講試験は全国各都道府県で行われます。


 ケアマネジャー(介護支援専門員)の仕事内容



ケアマネージャー(介護支援専門員)は、介護保険利用者、またはその家族との相談、介護保険利用者の希望、心身の状態等を十分に考慮し、介護利用者に最適な介護プランを作成することが主な仕事内容となります。


また介護プラン作成後は市町村、 在宅サービス事業者、介護保険施設等との連絡調整を行い、介護保険利用者のフォローを行います。


 ケアマネジャー(介護支援専門員)の職場



ケアマネージャー(介護支援専門員)は「介護福祉施設」が主な職場となりますが、具体的には以下の施設で活躍しています。


・指定介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)
・介護老人保健施設(老人保健施設)
・指定介護療養型医療施設(療養病床、老人性痴呆疾患療養病棟)
・訪問看護ステーション


など・・・



スポンサードリンク