群馬県の病院で看護師が患者に暴行、患者が亡くなる


群馬県警太田署は2007年12月7日、勤務先の病院で入院患者に暴行し、患者が亡くなった為、傷害致死の疑いで太田市の医療法人愛全会武蔵野病院(精神科と内科が診療科目)で働く男性看護師、大淵充容疑者(28)を逮捕しました。


群馬県警太田署の調べによると大淵容疑者は2007年11月16日午前4時ごろ、当直勤務中、入院中の無職男性(67)の頭をけるなどして、男性患者は意識不明の重体となり、太田市内の別の病院に搬送されましたが、12月3日、外因性脳内出血で亡くなりました。


亡くなられた男性の様態に不審を抱いた転院先の病院が11月29日に警察に通報し、暴行の事実が発覚しました


大淵容疑者は「言うことを聞かなかったから」と供述し、容疑を大筋認めています。


一方、武蔵野病院の船渡川誠一郎院長によると、暴行については本人が否定していて、警察の調べがあるまで知らなかったと話し、「長年こういうことがないように気をつけてきたのに残念だ。大変申し訳なく、遺族に謝罪したい」と話しました。


平成19年12月8日・asahi.comより一部抜粋


んー。。。「言うことを聞かなかったから」頭を蹴ったって・・・・


ただ看護師の仕事は大変なので、仕事で思い通りにならないときは何かに当たりたい気持ちも分かりますが、患者に当たるなんて言語道断ですね。


今回発覚した事件はもしかしたら氷山の一角かもしれません。夜勤の場合、看護師と患者の間で何かトラブル等が起こっても発覚する可能性は少ない気もしますので、今後は病院が夜間に患者と看護師の間でトラブルが起こらないように徹底して指導を行い、もしもトラブルが起こった場合の対処法も指導していかなくてはなりませんね。



スポンサードリンク